話し方上達のポイント その1

話し方上達のポイント その1
Pocket

3割増しにゆっくり

思いが熱いほどあれこれ伝えたくなって、
早口になってしまいます。

そんなときは1つだけ心にとめてみると良いでしょう。「3割増しにゆっくり。」 
これは話すスピードにしても、ジェスチャーにしても同じことが言えます。自分の感じているスピードと聞き手の感じているスピードは象とネズミほど違うのです。スピードの感覚の違いを前提に話を進めると、聞き手にとって大変理解しやすいスピードになっていきます。またジェスチャーも聞き手にどこを見ればいいのかをはっきり伝えるためには、ゆっくり動かし、見てほしいところで手を止める。そうすると分かりやすいプレゼンテーションになります。

思いを100%伝えるためには、自分と聞き手をつなげるラスト1マイルのスキルが重要になってきます。その1つがこの3割増しのスロースピードなのです。

関連記事